趣味

何故ゆえに『ウクレレ回転寿司』なのか?

まぁ、我が輩のような音楽&物書きが職業だと、一種の特殊な業種には思えるでしょう。
フリーランサーだけれども、
お金を稼いで生きているってことは、サラリーマンだろうが変わりはしないです。
でね、
サラリーマンだろうと、フリーランサーだろうと、主婦だろうと、OLだろうと

なんか趣味的なものは、あったほうがいいんです。

この当たり前なことに、なかなか気づいていない人も居そうだぞと。

そこでですよ、
自分の興味のあることを、自分でバーーーーッっと紙に書いてみるんですよ。
(とりあえず、我が輩は音楽に関係ないことを書いてみる。のでウクレレ改造はとりあえず入れないとして)

回転寿司、
焼き肉、
ビール、
下高井戸シネマ、
チョコレート・バナナ、
焼きそば、
メロンパン、
マンガを書くこと、

 早いなぁ、、、もう止まったぞ。。。
しかも、ほとんど食い物じゃねぇか。。。

だがしかし!
こうしてね、まずは何も意図なく、バーッと書いてみるってことは、
自分の興味のある順番ってことでもあるわけです。
「え〜っと、あと何だっけ?」とか
考えてから出てくるのは、本当はもうそれは趣味の中の少し外。

=============で、

TOPが回転寿司なわけ。
「いちむらまさきの趣味は回転寿司」でいいの。

正直、サッカーとか野球とか興味ない。
まぁ、競馬やパチンコはたまに行くけど、ドップリはハマらない。
格闘技は、、、、ここ最近、面白くない。
相撲も、朝青龍が引退しちゃてから、どうでもよくなっている。

むろん、回転評論家なんて気取るつもりは無い。
自分が普通に生活してて、入れる店にしか入らないんだから、
「凄く回転を知っている」という自慢はしない。

人生で、

仕事以外で、

最も自分が興味あること、

時間とお金を費やしてもいいと思えること。

これは「今すぐに書いてみぃ」って言われて最初に思いつくこと。
もちろん、1年後に違っていてもかまいません。

それがすぐに出て来ないと、生きている甲斐ってもんはなかですぜ。

まぁ、しいていえば、最近は「工具を買うこと」ってのが2位でもあるが、
ここの開き直りもいいじゃまいか。
「工具を使うこと」じゃないんだよ、「買うこと」なんだよ。
だから、例えば、女性が「ウィンドウショッピングすること」でも「バッグを買うこと」でもいいんですよ。
買わなくても、バッグを一回も使わなくてもいいんです。
「楽しい」が眺めることだったり、買うことだったりするなら。

まぁ、このブログを読んでくれる人の多くは、
ギター!とか、ウクレレ!とか、そういうことでもいいですわな。
「ライヴ観戦」でもいいんだし。
で、何も思いつかない人には「ウクレレやってみれ」という話にもなるのですが、
今回は、そっちの話ではない。

=============

回転の何が面白いか?と言うと、
システムと指向なんだよね。

安い!から、そんな「どえれぇ美味しい」くなくってもいいんです。
楽しい店か否か?が問題。
そこでは、
注文品は特急列車で来るとか、
お皿を5枚、入れるとガチャガチャくじが一回ひけるとか、
あそこの店員、間違えてばっかやがな、とか
こっちのお客さん、さっきからビントロばっか5枚食ったぞ、とか

そういうのが楽しい。

そして、根本は
「色々回っているから自分で選べる」

につきる。
これは、
我が輩が教則本を書く時の、最たるテーマです。
「色々な方法、奏法、工夫、こう考えればこう弾けるでしょ?」
ってのを、いくつも紹介して書いておくから、
読者には
「選びましょう」と。

だから、答えなんて一個じゃないんだよ、と。
まぁ、たまにね、
「この人、こう書いているからこうなんだ」って
1行分の文章を信じちゃう人ってのも居るんだけども、
その前後にも言葉が書いてあるでしょ?と。
言葉の奥にも、意識があるでしょ?と。
選ぶのは自分でしょ?と。

とまぁ、厳しいことも言いつつ、
本当の優しさってのは、厳しさの下にあるんかもよ?と。

================
で、

ローリング・ココナッツというフリー・ペーパーの連載、第一回目には書いたんですが、
「僕が色々なアイデアを皿に乗せてまわすから、好きなネタを選んで試してね」
というのが、ウクレレ回転寿司です。

================

まずは、流れていくネタを見る。
「お、今日のマグロは脂が乗ってるなぁ」とか、
「う〜ん、今日はサーモンがあまり流れてないからサーモンは、あんまり良いの入荷しなかったのかな」とか、
色々、見て、それで皿を取ると。
その醍醐味は、もし「そんなこと考えたことない」って人にも、
一回、わざわざ、そういう目線で見てみて試してみて、と。

楽器を習得していくにも、
「自分で選ぶ」には、まず
試奏するとか、使い方を店員さんに聞くとか、ネットで評判を調べるとか、YOUTUBE見るとか、
色々あるわけよ。

で、回ってないネタは注文するとか、
回ってるけど、乾いちゃって旨そうにじゃないなら注文する、
それはかまわないけども、
まずは、回っているネタを見て、それからだと。

そういう視野を持つと、世の中は、いっくらでも楽しくなっていくんじゃないでしょうか。
それが、「回転寿司の醍醐味」のひとつであり、
「迷う楽しさ」だと思う次第でございます。

開けゴマ団子 されば案が出てくる

Good night, everyone! Have a enjoy tomorrow.

ウェブページ

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク?

無料ブログはココログ