心と体

<<<尿管結石の対処法>>>

 ネットでは「予防法」ばかりが検索される。

あるいは「治療」なんてのは病院に辿り着いてからの話。
が、
すぐに欲しいのは、まず自分でもできる「対処法」なの。
で、
我輩が、自分で思う
「尿管結石になった際の痛みを少しでも和らげる方法」
を書いてみます。

で、その後に、
「尿管結石かもしれないけども、そうだろうか?」
を確かめにいく材料、の順で書きます。

ただし、あくまでも、医者的な知識無く書きますので、
実際の行動は、自己責任で、よろしくお願いします

A)======尿管結石だと思ったら======

●医者に行けるなら行って、まずは点滴
●貰う処方箋は「ブスコパン」か「チアトン」
●座薬は「ボルタレンサポ」

医者に行けない日は、
●とりあえず、七転八倒。。。。
●配偶者が生理用痛み止め持っているなら、飲む
(↑自己責任で/我輩は飲んだことはない)
●ジャンプ、ダンス、エアロビ
●風呂は、多少気が紛れるくらいの効果はあるが、決定的ではない
●腰を上にして、ワンワン・スタイルになりたがるが効果は薄い
●ジャスミンっぽいお茶を飲む
(ネトルっての30g、ダンデライオンっての20gをコーヒー豆屋とかで買ってきて煎じて飲む) Sh340362

●ビール、酒を飲む

(食欲は無いけども、アルコールきっかけで飯が食える場合もある)
●何か、別の事に熱中すると痛みは減る
(我輩の場合は、ギターを教えている授業中は痛くなくなる)
●腰に湿布。決定的ではないものの、若干腰の痛みは気持ちで和らぐ気がする
●メタボな人は、腹贅肉を握って、別場所の痛みに変換する
●ギックリ腰じゃない人は、腹筋運動をすると別場所の痛みに変換できる場合も
●凄く優しい異性が居るなら、とにかくさすってもらう
(が、24時間、2週間というのは、、、、さすがにねぇ、、、)
●なので、自分でさする
●寝る時に、トレーナーを1枚着て寝る
(寒いけど布団をかぶると暑いから布団を剥ぐ、のくり返しになるから)
●寝る時に、脇腹に手を添えて念じるw
(人間の手には「気」がある)

しかし、これらも、ある種「気休め」。
薬は、絶対に必要。

B)======尿管結石だと判断するには======

●腹が痛い(大抵は夜中の4時頃になる)
●時々、ふと痛くなくなる瞬間があるが、すぐに復活する
●ので、このまま収まってくれれば、、、と思っていると
 だんだん、地獄になっていく、、、、。
●だんだん猛烈に痛くなっっていく
(出産より痛いと言われている)
●何度も尿をしに行くが、出るのは、少しづつ
●尿は少しだけ、いつもより濃い(血が混じっている場合)
●次第に腰痛が激しくなる
●起きてもいられないし、寝っ転がっても痛い
●腰痛は、よく考えると最初は片側だけである
(だんだん、左右のどちらが痛いか、分からなくなっていく)
●便意も頻繁に来るが、トイレに入っても出ない
●なんだか、浣腸したくなってくる
●少し吐き気がする
●寒気がする
●周りの人は暖かい日だ、と言ってても寒い
●「風邪か?」と思うが咳は出ない
●熱があるような気がするが、38度とかではなさそう
●朝、歯を磨いても、夕方、夜も、磨きたくなる口の中
●飯が、いつもほどは美味しくはない
●食事をしてないのに、食べ放題に行ったかのような膨満感がある
●食事したくなくなる(食事はできる)
●石が下まで降りてきている場合は、おチンチンが痛い
(常に尿意がある感じ)
●男性に多いと言われているが、女性もなる
(なってしまう以上、割合など無意味)
●普段から、サプリを飲むことが多い
●兄弟姉妹に、尿管結石経験者が居る
●夜寝る前、0時近くに食事した(大抵は夜中の4時頃になる)

 さて解説します。

はじめての尿管結石は、なかなか自分では分かりません。

医者でも、それを詳しく知った人しか見抜けません。
(本人も経験している医者にあたればラッキー)

夜中に発症する場合が多いけれども、
夜間緊急で病院に行くと、見抜けない医師が居る可能性大。
なので、
経験者(つまり2度目以降)は「尿管結石だから、
まず、20分ほど点滴打って」と、自ら頼むベテランになるw。

猛烈に痛くなった場合は、救急車を呼ぶ。
(我輩は呼んだことは無いが、自力で行くと、
 待合室の椅子で30分以上、のたうち回ることになる。
 これは、大したことのない患者の順番待ち、
 医師が起きてくるのを待つの、2パターンあり)

レントゲンを夜中に撮影してくれるかどうか分からないが、
結果的に、筆者の場合は、結局、次の日に、改めて
その病院を訪れ、
普通に、他の患者さん達の順番を待って(これも、しんどい)
レントゲンを撮影して、石が写れば、処方箋が出る。
実際に、処方箋を飲めるまで、家を出てから1時間半はかかる。

夜間は処方箋を入手することができないので、
経験者は、座薬を冷蔵庫で確保するようになり、
夜中に発症しても、病院に行かず、座薬で次の日まで耐える。

で、2.3日で石が出るといいなぁ、、、、なんてのは、甘く、
1週間以上かかることはザラ。
なので、「なんとなく出てくれないかなぁ」とか考えずに
すぐに「ブスコパン」か「チアトン」、「ボルタレンサポ」は
入手すべし。

で、経験者的に言えば、

1,2日目までは、5時間置き(一日3個)に座薬を入れる。
(「ブスコパン」か「チアトン」も飲む)

3日目以降は、日中を「ブスコパン」か「チアトン」で過ごし、
寝る前にのみ、座薬を入れる。

この病気のしんどいのは、24時間痛いこと(波はある)。
& 寝れないこと。
で、2週間続く場合もあるということ。
薬を入手した後は、寝ると忘れる(寝れればだが)

想像してみてもらうならば、、、

ストローにピーナッツは入らないですよね?
それに近い感じで、尿管にコンペイトウが詰まっている、と考えていただきたい。。
実質上は、穴が痛いのではなく、穴が詰まるせいで、尿の流れがさまたげられ
腎臓が痛い。

ハッキリ言って
すんげぇ〜〜〜〜〜〜〜痛いです。。。。。

良いことは、一個だけ。

 食欲は無くなるので、ダイエット・チャンス!と
 自分を誤摩化す、、、、、。。。。。。と
 まぁ、実際に、少しだけ体重は減ります。。。

実は、今ナウ、これを書いているのは、
戦っているからです。(6日目です)
筆が進んでいるうちは、少し痛みが和らぐのです。。。

で、今回で、石は、5回目です。。。

普段から、水も飲んでます。
兄貴も同様なので、ある種の家系遺伝みたいなものです。

上に、
はじめての尿管結石は、なかなか自分では分かりません。
と書きました。
5回のうち、最初の1回目は、原因不明なまま、もがき苦しみました。
(座薬は出されたが、薬は処方されなかった。)
2回目の医者で、「これは尿管結石ですねぇ」と言う医者に当たった。
(それで、やっとブスコパンの存在を知った。
 パソコンの無い時代のこと)
それからも、(引っ越しもしているので)医者は、4箇所替えました。

それで、やっと、初日にもがき苦しまずに済む方法として、

余った座薬と処方箋を、キープするようになった。
(2年以上前の薬は毒になる場合もあります)

身内には、女性で、5回手術を受けたすえ、
(その人も、最初は原因不明のまま1週間入院し、
 原因も結果も分からないまま退院した)
サプリを辞めたら、治ったという人も居ます。
男性だけではないですし、まぁ、遺伝ではなかっただけ
その人のほうがマシなのかもしれませんが。。。
トイレで20分、気絶していたこともあるそうです。

我輩が経験したことは、もっとたくさんあるんだけどもw
それを全部書いておくことよりも、
まずは、

「処置法」をまっ先に、このブログに置いておきたいと。
で、
万が一、今後、貴方が、
「なんか、腹痛いなぁ、、変な物は食べてないはずだけど、、、
 痛いなぁ、、だんだん、痛みが増してくなぁ、、、
 腰も痛いわ、、、あかん、しんどい、寝てられない」
ってことが起こったら、
一度は、このブログを思い出して、再度読んでみてと。

「起きてられない」よりも「寝てられない」のほうが
しんどいんですよ、、、、、、と。

=========

世の中には、「医者に行かない」「医者を信用しない」という
風潮もあります。
が、それがすべてに当てはまるわけではない。

例えば、指が切断して、医者に行かないわけにはいかない。
風邪くらいなら、薬を飲まずに家で寝ていればOKな場合もあるが、
尿管結石で、24時間、七転八倒していたんでは
家族にも近隣住民にも迷惑。

薬を飲むことで、ギター教室やらも休まずに行うことができる
ってことは、自分だけがどうのこうのじゃなく、
周りや、社会の一員として、選択する許容を持ってないといけない。

究極な話、
この痛みを体験すると、
「他のことは、どうでもいいから神様、助けて」な気分になる。
その気分である時に、
医者に行かない、、、どうのなどの考慮など、無駄である。

夜間救急で何度も苦しんだ経験のある我輩からすれば、
医者は、あるだけラッキーなのだ。

自己責任で、よろしくお願いします

PS、
これ書いたのは、ちょっと以前なので、
現在は、発症しておりません。石は出ました。

眠れない夜は、、、、

まぁ、布団に入ったのに眠れなくなるのは辛いもんですなぁ。。

すかし、かかし、
これを回避するには「慣れ」が必要となってくる。

まず、昼間に運動せい、っちゅうのは当たり前すぎるので割愛する。
運動できなかった日、しても眠れない日があるっちゅう話である。

すべてはイマジンから始まる。

(1)「寝なきゃいけない」と思うな

人間は毎日寝ないと、次の日しんどいと考える。
が、別に1晩くらい徹夜しても死にはしない。
だが、本音で少しは寝ておきたい、、、、、となると、
「別に、寝なくってもいいんだけどぉ〜」と自分にフリをする。
GOODイマジンを想像するということ。
で、簡単な話、

(2)寝た時間を計算しない

つーこっちゃ。
「あー明日の朝は7時に起床だ、っつうことは今から寝ると、、、げっ!4時間かぁ、、、」
などと数えてしまうから、
「4時間 = 睡眠足りない = しんどい」と思い込んじゃう。
GOODイマジンは出来ないのに、BADイマジンだけは信じるという悪いパターンです。
で、もって、っつーことは

(3)寝る前に時計を見ない

ついつい、見てしまうんですよね。
でも、見なきゃ、計算できないんだから。
「さぁ、そろそろ寝ようかしら」っちゅう時に
時計を見ないで布団に入る「慣れ」を持つということ。

(4)できるだけ、毎日同じくらい寝る

まぁ、矛盾しているようですが、矛盾してません。
時間は計算しない。で、感覚として、なるべく毎日同じくらい寝る。
まぁ、外で働いている人は、大抵、朝、毎日、同じ時間に起きるんだろうけども、
そういう人でも、日曜だけは寝坊できる、、、、って少し余計に寝てしまうから
毎日のリズムがくずれる。

というわけで、
布団に入っても、
「さぁ寝なきゃ」とは考えない。
「別に寝なくてもいいんだけど、目を瞑って、何か楽しいことでも考えようかなぁ」
などと思ってみる、その考え事が、だんだんいつのまにか夢へと移行していく。

=============
な〜〜〜〜んて、頭では分かっているのだけども、
それでも眠れない時はある。

じゃ、どうするか?

(1)一回、起きあがる。

意識として「あぁ、寝なきゃいけないのに眠れない」などというマイナスを
考えれば考えるほど眠れないのである。
布団に入ったまま「早く寝なきゃ」って考えるのは逆効果。
20分、布団に入ってて眠れないなら、どうせ合計40分は眠れない。だったら
一回20分起きて動いて、また布団に入るほうが良い。

最も、眠れない理由は、分かっておる。

「明日以降の不安」

である。
二番目が「過去の反省」だ。
しかし、
その不安は、いくら布団で考えてても、眠ったら
次の日の朝になるまでは、何も出来ない。無効である。
で、夜遅くに考えたことなど、次の朝には忘れるんだよぉ、と。
考えるべきことなど無い、ということに気がつくのが得策。

しいえ言うなら、
「過去の反省」は大切だが、
「明日以降の不安」なんぞ、何の得にもならん!w

と納得をして、

(2)顔をお湯で洗う

石けん使うのも良し。鼻をかむってのも重要。
顔から、油が消えていくことを実感する。
ってか、風呂に浸からなかった晩は、寝にくいからね、
「今夜はシャワーだけでいいかぁ」などと、はしょると、かえって損するわけだ。
そういう日は、わざわざ、風呂に入ったほうが良い。
で、
ソファーがあれば、それに寝っ転がって、

(3)ふくらはぎから下の足を(肘掛けに乗せて)高くする。

ソファー無いって人は、しばらく壁に足を掛けてくつろぐ。

(4)少し何か食べる。

ホットミルクを飲むので良い。

(5)本を読む。

面白い漫画は駄目w
続けざまに読み進んでしまうから。
どちらかと言えば、ミステリー的な本のほうが
「この続きは、明日読もう」と
そして、次の日に、
少し、戻って「え〜と、昨日、どこまで読んだっけなぁ」と
読み返せるのが良い。
漫画は、一回読んだら(とりあえず次の日は)読み返しはしない。
っつうか、
文字の本は、ページをパッパッっとめくらないのが良く、
漫画は、ページめくる動作が多いから。

で、
だんだん、本を持っている手の角度が疲れてくる。

と、
「ここまで読んだら布団に入ろう」なんて思っちゃいけない。
「今なら寝れる」なんて思っちゃいけない。
「あ、手がしんど、、、、布団に入りてぇ〜」と思ったら入る。

(6)テレビ見るのも良い

「明日以降の不安」を一回忘れる。

(7)目を暖める

あと
(8)養命酒を飲むのも、なかなか良い

==============
で、さらに、、、、!

●『教則本の付属CD』を聴く。

これが、実は眠れたりするwっww

「聴かせるために」作ってないからだw
練習するために、一定の(悪く言えば抑揚のない)リズムで
丁寧に、躍動感少なく作ってある、いわば、お勉強音楽なので、

そう!

我々が、人生において、最も眠たかった時は
授業中だったのである。

それと、
催眠術と言えば、5円玉を振り子にして、カツカツカツと
メトロノーム鳴らすイメージだよね?
そう!
メトロノームのような抑揚の無いリズムのくり返しが、眠りを誘うのである。

我が輩が今作っている譜面集のCD、、、、
めっちゃ眠たくなる音楽です。
これは悪いこと?
いいえ、
めっちゃリラックス効果のある、眠れるCDなのですよん。
あんまりテクニック使ってないし、
音数少なくしてるし、
ロングトーン有るし、
淡々と弾いてるし、で。

録音してる最中に、エンジニアさんが寝そうになるくらいのw

究極の音楽って、
お客さんが全員、寝てしまう音楽だと思いますね。
喜太郎のような。

で、そのうち発売するのは、
『癒しのウクレレ』的な譜面集です。


======で!

実は、今回書いた文章は、

「楽器の練習」
と近いものがある。

「練習しなきゃいけない」

なんつう考えは、本来逆効果なのですよ。
したくてしたくてたまらないから、楽曲が弾けるようにするんであって、
楽曲を弾くために、ライヴするために、人に聴かせるために
および、それらの無い人でさえも、
「練習しなきゃいけない」
なんてのは無い。

本気で、それに取り組んでいたら、
「練習した時間」を「あ、俺、昨日○時間練習した」なんて言えないんですわ。
「いつ始めたか、覚えてない」
つまり!
「時計なんか見てないで始める」もんですよってに。

でもって、

いきずまったら、練習なんかしなくてよろしい。
触りたくない時に、無理矢理ウクレレに触っても無駄です。

触るのを辞めた時に、見つかる事も、よくある話で〜♪

なのさ。

未編集

Photo

不幸の手紙は自分が捨てろ


地震が起きて、最初の2日間ほど、
すでに発信登録されている宣伝メールが来るのはしょうがないんです。
「こんな時に、宣伝メール送ってくんな!」
って怒る前に、時間登録でメール設定されているという
そういう技術があることを知りましょう。

2日目夜には、英語のメールしか来なくなりました。
時間登録されたのが終了したということです。
「やっと自粛したか」
では、ありません。

3日目から、日本語のメールが少し来るようになった。
我が輩の場合は、90%がエロメールですけども。。。。
エロメールは確信犯です。

10%のほうの、何通かに問題がある。
「善」だと思い込んだチェーン・メールです。
これは「自覚の無い不確信犯」なので、
エロメールよりも罪があるという気もします。

そういうメールは、
普段から、それほど仲良しじゃない人から送られてくることが多い。
1年に2度もメール交換しない位の人から送られてくる。

まぁ、すでに知られているパターンで言えば、
「コスモ石油の爆発により有害物質が、、、」
http://www.securebrain.co.jp/about/news/2011/03/chainmail.html
ってやつですな。
こういうのは、文章が変わってきて
「私の親戚が言うので間違いないです」
とか、途中で誰かが変換して送られてきてるのが、そのサイトの文章と
比べると分かります。

まぁ、こんなメール、我が輩に来ても、すぐに捨てますけども、
ガキの頃に不幸の手紙なんて意味がないことは知ったじゃんと。
回ってきた情報、自分で確認できないのに、自分が信じたからと
人に回すなよ、と。
「この情報だけは正しい」
と判別できるという思い込みはオゴリですな。
「私はオゴった考えの人間です」と人に言いまくっているってことですよ。

で、ここには、図式ができあがる。
「この情報だけは正しい」ってことを、
すぐに人に回すってことは緊急な意味を持つ、
緊急ってことは、良くない知らせであるということで、すなわち
「人に不安感を与える」内容です。

こういうのを回しちゃう人は、
政府や東電や都知事や
スーパーで買いだめしちゃう人を責められないでしょ。

で、そういう人ほど、
Cc:メールの扱い方がズサンで、他人のメアドを大量に人に回している。。。

災害直後に、
「幸福の手紙」は送られてこない。

========

ある種、ツイッターのRTにも、
同様の可能性はあるということも加味してかないと行けない。
数10字の文だけ見て慌てては、、、、。
先日「ヨード剤の代わりに、うがい薬飲めば大丈夫」なんて噂がたって、
「うがい薬飲むと身体に悪い」だったわけで。

ニュースもです。
1個のニュースだけ見て、他を調べることなく鵜呑みにしてはいけない。

物事は、落ち着いてよく考えるということです。

===========さて、明るい話を

昨日、
え〜、楽しみにしていた、
深大寺の罵倒が飛び交う蕎麦屋のテレビ番組、、、、、見忘れました、、、ガビョ〜〜〜ンw
気がついたら、終わっていた。。
ので、その次の番組を見ました。

『これが世界のスーパードクター14』
http://www.tbs.co.jp/program/superdoctor_20110322.html
前の放送回も見たですけど(全部は見てないけども)。
この回のはまだ無いけど、YOUTUBEで検索すれば過去の映像がいくつか出てきます。

凄いですよ。
日本の医療技術は。

ただ、優秀なドクターが限られているから「スーパー」
なのであって、
こういう人が、たくさんに増えるように
この人達も後輩を育てていつつ活動しているわけです。

福島孝徳ドクターってのは有名で、
「日本は優秀度で医者を育てないから駄目だ」
と渡米して、腕を磨き、
結局、日本と海外を分単位で行き来している人。

で、
他にも無痛で虫歯を治す医師とか、
削らずに虫歯を治す医師とか、
出て来た医師、全員凄いんだけども、

パーキンソン病の症状を改善する手術ってのの、
患者さんの様子、ビフォーアフターが凄かった。

日本ってやっぱ
凄い。

『エガちゃんが被災地に支援物資』
http://www.menscyzo.com/2011/03/post_2411.html

『ふかわりょう:「すごいことだよ、みんなの力」募金で義援金80万円集まる』
http://mainichi.jp/select/biz/bizbuz/news/20110323dog00m020013000c.html

元気であること

親戚筋のバァバと呼ばれている、まぁ、孫が居る人ね、
70才、我々からする母親世代の人、
3/11に新宿に居た。
で、地震直後、伊勢丹が閉まり、新宿駅も閉鎖していた。
タクシー乗り場には長蛇の列。
直後に店を閉めた靴屋でギリギリ運動靴を買い、
甲州街道を歩きはじめた。
自動車道渋滞、歩道はサラリーマンが早足で歩く。
その流れに遅れないよう、邪魔にならないよう必死に歩く。
自転車があったので、入ってみると、
6人ほどのお客さんがおり、登録やタイヤチェックなどで1時間半待ちだと
言われて諦める。
タクシーなど拾えない。仮に拾えても動いてないに等しい。
歩き続ける。
道が分からないので、近道することなく、
直線しか歩けない。
甲州街道から環8を曲がるしかない。
家に着いたのは19時すぎ。
4時間かけて世田谷に帰ってきたと。

いう話を、
80才のお友達にしたら、
その80才のオバァちゃんは、その日、
日本橋高島屋から、世田谷まで歩いて
家に着いたのが、午前25時だったそうです。。。。。


負けてられません。
元気でありましょう。

どぶどぶ道

シナリオを書く際の演出家に説明する(セリフ以外の)文章をト書きと言います。

純子「私、昨日さぁ凄い大変だったのぉ〜」
明美「何?何があったの?」
純子「ちょっと見て、転んじゃったの(とスカートを少し上げて膝を見せる)」

の()の部分ね。
〜と って書くからト書きね。

まぁ、セリフだけで全部を伝える方法ってものあるのですが、
映像化する前提だと、そうもいかなく、
で、逆にラジオ・ドラマだと、セリフだけで構築する、と。

で、どちらのドラマでも喜怒哀楽の変化具合みたいなものは要であったりしつつ、
だからと言って「怒ってばかり」で終わってしまうドラマは
後味が悪いわけでして、できれば、ハッピーエンドか
もしくは、少し考える余地を残しながらの未解決で終わるんでも
どこかホノボノ感は欲しいと。

これを「生活」に当てはめてみますってぇと、
どうどぶ怒っているだけじゃ駄目。
どぶどぶを笑いに変えていくくらいにしてけば、
いくらでも生活は楽しくなっていくんです、という手法を
我が輩は、勝手に「どぶどぶ道」って呼んでるんですが。

========
突然、話が変わり、

「占い」が流行っているそうで。
まぁ、昔から、大泉の母だの新宿の母だの、命の母だの(違う)
いろいろ居るんですけども、
言ってみりゃ、統計学から当てはまりそうな未来予想図でアドバイスするといいことなんだろうけども、
流行る要因なんてぇと、大雑把に言えば
「上手に聞いてくれる」話相手が欲しい、という心のスポットが増えていると言えるかも。

まぁ、男ってのは、およそ、会社が終わって、居酒屋に行って酒を飲む。
女性は「デザートは別腹」だとすれば、
男性は「食前酒は、家庭の夜ご飯とは別腹」なんですな。
で、喋り相手が欲しけりゃ、スナックだのに行って
3000円払って「ママ〜」って、甘えりゃいいわけです。
主女性がひとりでスナック通いってのは、似合わないというか、それをしない人は
占いに行って、3000円払うってのでもよろしいのではないかと。

現代ってのは、女性も社会に進出できて、
でも会社内でそんなに仲良しが居なかったり、
お酒好きじゃなかったり、とするなら、
そりゃ少しでも誰かと話をするのに、お金使ったってよろしいんです、と。
専業主婦さんは、家にずっと居るよりは、少しどっかに出かけていくんでいいと。

夫は妻に「占いなんかに金払うともったいないだろ」なんてのじゃなく
妻は夫に「あなた、毎日宴会じゃないの」なんてのじゃなく
どっちもが、誰もが、ある程度、そういうところにお金を使えるだけの、
皆がそういう生活ができるくらいの暖かい社会になるといいですな。

さて、
武田鉄矢風に言えば、
「あ、はい〜、いいですかぁ〜、うらないという字は、ト口と書きます〜」
(我が輩が勝手に言ってるだけの話ですよ)
戸口ってのは、家の入り口、すなわつぃ玄関ですわな。
家庭に帰ってくる、帰ってきた家庭ってのは、
ホンノリ暖かい家庭であってほしい。
働く男としては「仕事は家に持ち込まない」つうのが昔の男たるものみたいな
感触でしたが、
まぁ、社会で浴びたストレスは、玄関入る前にできるだけ無くしておきたく、
自分も、暖かい家庭を作る参加者でありたいと。

専業主婦としては、
仕事を終えて帰宅した夫にどぶどぶ言うんではケンカになるだけだから、
私は私のストレスは、どっかで解消してきましょ、と。
それが井戸端会議だろうが、PTA集まりのファミレスだろうが。

ストレスも頭に来た事も、
誰かに話すことで、多少は解消するもんでして、
そこの表現として、
「ただ、文句言うだけの愚痴」と
「文句を面白おかしく喋る」のとは、実は違います。

「どぶどぶ道」ってのは、

どぶどぶ怒っているようでいて、実は
ストレスを解消しながら人との会話を楽しむ術、
これを習得すれば、だんだん家庭も社会も暖かくなっていくのではないかと。

全然、ウクレレにも回転寿司にも関係ない話になってますが、

「どぶどぶ道」ってのを置き換えると、

本棚を自分で修理したいので、100円ショップで接着剤を買ってきた。
使ってみたら、乾いてもポヨンポヨンで、ちょっとも固まらない。
「あかんがや!だから、やっぱり100円ショップの製品なんかあかんのや。ネットで言いふらしてやる、100円ショップのは使えーへんと書きまくってやる」
これだと、そりゃストレス溜まるばっかやて。

それはさぁ、
いずれ、ポヨンポヨンな接着をしたい時に使えるじゃん。
だから、一概に駄目とは言いきれない、と。
「これ、面白れぇなぁ、ポヨンポヨンになる接着剤やん」
使った100円を「損」ととるか「ひとつ知った」ととるかで違う。
これが、どぶどぶ道。

でまぁ、
結構、我が輩の場合は、変人ザボーガーですよってに、
「どっかにポヨンポヨンにしたい所ないかなぁ〜」と探し始めてしまう、
くっつけなくてもいい物まで、わざわざ接着したくなってきてしまう。
接着剤を使うために、くっつける物を買ってきてしまう面もある(笑)

でも、それは
サラリーマンさんのスナックやて。
奥様の占いやて。
遊びのない(自動車の)アクセルもブレーキも危ないですよってに。

どこの党が政権を取っていようと、
与党を野党がどぶどぶ言ってるだけじゃ社会は暖かくなれへんがな、と。

ウェブページ

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク?

無料ブログはココログ