ニュース

一生懸命と真面目は違う

え〜、
メルマガの内容を書いていて、
これは、メルマガ向きではないと判断したので
ここで、番外編として発表します。


  Vol.番外編
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いちむらまさきギター・ウクレレ講座
      ~音楽の力~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは、いちむらまさきです

言葉のアヤみたいなものなんですけども、

なんとなくですね、
楽器マスターの秘訣的なことを言葉で言うならば、、、
ということですけども、
僕が思うに

-----------------------------------------------------
 (1)一生懸命と真面目は違う
-----------------------------------------------------

と思うんですよね。

それは、
「A君、この仕事やってみるかね?」
「一生懸命やらせていただきます」
ってのがね、
ちょっと解せないというかw

一生懸命やったらOKなのか?と。
なんていうか、イメージなだけですけども、
「一生懸命」って、他事もせずに、サボらずに、
時間を惜しんで、、というイメージがありまして、
でも
「一生懸命努力したんですけど、できませんでした」
では、駄目だと思うんですよ。
特に「仕事」は。

だってねぇ、
「やれるかどうか分からないのに引き受ける」
ってことは、
自分の力を把握できてないってことであり、
自分の力を把握できてないのに引き受けるのは、
本当の意味では、いけないことでしょ。

どちらかと言えば、
サボっていようと、時間がかかろうと、
最後まで遂行することのほうが重要なんじゃないかと。

もちろん、仕事には〆切りとか限度というものがあるから、
それが、仕事量として
「これはできる」「これはできない」と
自己判断できないんだったら、引き受けてはいけない
という論理にはなりますよね。

それで、引き受けるとするなら、
それは、心のどこかで
「イザとなったら、先輩が何とかしてくれる」
という甘えが入っているわけでね、

そこに
「先輩には、一生懸命な姿は見せておこう」
という打算的な、
実は、最後まで責任を回避してる感がねぇ、、、

そこにはですね、
楽器マスターにおいても、「遊び」も含めないと駄目なんですよ。
ただ、必死に練習すればいいってんじゃなく、

-----------------------------------------------------
 (2)心が音に反映するのが音楽
-----------------------------------------------------

なのだから、
旅行に行くとか、映画見るとか、ドライブするとか、
恋するとか、ふられるとか、、、
そういう

-----------------------------------------------------
 (3)人生感がプレイを通して演奏を伝える
-----------------------------------------------------

ことが、テクニックよりも大切で、
テクニックが低くても、感動するプレイってのはあるんですよ。
それが、
なんとなくですけども、
「一生懸命」は、少し違うと。
「一生懸命やったけど、できませんでした」
って、後で、言い訳できるような
逃げがあるような気がする。。。。

まぁ、もちろん、単なる言葉のイメージだから、
自由な捉え方があっていいと思うのですが、





あまり言いたくはなかったことだけどもw
● 首相がまた愚痴「一生懸命やっているのに…」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110327/plc11032720400011-n1.htm

分かりますかねぇ?
僕の言っていること、
一生懸命は、「私はこんなにやっている、精一杯努力している、ギリギリまでやっている」
主語が、自分なんですよね。。。

真面目ってのは、
「あいつは真面目だ(or真面目じゃない)」
という、人からの評価なんです。

まぁ、僕は、菅直人首相は真面目にはやっていると思いますよ、
器(うつわ)というものが、、、、と思うだけで、
で、他の総理だったら、もっとやれたか?と言えば、
鳩山由紀夫さんだろうが、麻生太郎さんだろうが、福田康夫さんだろうが、安倍晋三さんだろうが、誰だろうが、
菅首相と、それほど変わらないと思う。
今の日本政治の状態では、誰がやっても、あぁなっちゃうと思う。
今の日本のシステムにおいて。

ただし、
それを「私はこんなにやっている」
と、主語を自分で言うってことは、
言い訳なんですよね。。。。
「私は充分にやっているつもりだ」
つもりは、自分の思いなだけであって、「つもり」でも、
効果なかったら意味ない。

今、日本の国家が、諦めたら駄目でしょ。
同様に、日本国民が、諦めたら駄目でしょ。
僕たちも、諦めちゃ駄目でしょ。
だから、僕は、東京から逃げません。
(幼い子供が居る人、特別関東に居る理由のない人は、
 および、東北にお住まいの人は、逃げてもいいと思います)
原発、収まってほしいと願うなら、逃げちゃ駄目という精神論です。

自分の運命を信じるしかないでしょ。
それが、結果、逆に行ったとしても、それも人生と
何か起こってから慌てるのではなく、起こる前から腹くくってないと。

現状、
放射能的で命を削る確率よりも、
交通事故で命を落とす確率のが、数倍高いはずです。
道を歩く時に、
「車には近寄らないように歩く」ことは、不可能ですね、
皆、腹くくって、道を歩いているんです。


僕は、
一生懸命に原発を調べたり、反対運動したりしないけど、
諦めませんよ、と。
それは、
車の近くを歩くけど、
死にたくはないから、
なるべく車に気をつけて道を歩きますよ、
と同じだと。






話が脱線したので、元に戻しますが、
==============

「一生懸命やります」
ってのは
「やれるだけやってみます」
っていう、結果的に駄目だった場合の言い訳を言える感じがしちゃうわけで、
「一生懸命やったつもりですが、できませんでした」
ってのでは、「う〜ん、途中で諦めたってことでしょ?」っちゅうね。

それで、真面目ってのは、
「最後まで諦めません」
という真摯な感じがするんですよ。




 営業の山田君は、
 時間通りに外回りに出て、サボることなく、
 一日に40件の玄関チャイムを鳴らします。
 でも、契約は滅多に取れません。
 山田君は時間通りに帰社します。


 営業の鈴木君は、しょっちゅう会社に遅刻し、
 適当に外回りに出て、喫茶店や映画館でサボったりしながら、
 一日に10件の玄関チャイムしか鳴らしません。
 そのうえ、帰社時間も適当です。
 だけども、ちゃんとコンスタンスに契約を取り付けます。

 山田君が、鈴木君につめよりました。

「なんで、僕はこんなに一生懸命やっているのに契約が取れず、
 君のようなサボってばかりいる奴が契約取れるんだよ!」

「いいか、山田。俺達は、車のセールスマンだ。
 車を買うのはダンナだ。
 ダンナは昼には家に居ない。
 ダンナが家に帰ってきた瞬間を狙わないと
 何十件訪問しても契約取れないんだよ」



2時間、「ぶっ続けで」練習することには意味ないんです。
休憩しながらでも、効率良く1時間練習するほうが上達するんです。
一生懸命なんてのは、腱鞘炎とか、急性ストレス障害とかの元です。

毎日、テレビニュースとか、ツイッター見てばっかりじゃ、
頭、疲れちゃいますよ?
自分の身体と心の事も、真面目に考えて、休憩しなきゃ駄目ですよ。

一生懸命じゃなくていいので、
自分の好きなスタンスで、真面目に音楽を楽しんで行ってほしいと思うのです。



*意見には個人差があります by さだまさしw

----------------------------------------------------------------------
いちむらまさきギター・ウクレレ講座~音楽の力~
http://www.mag2.com/m/0001263452.html
----------------------------------------------------------------------

ウェブページ

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク?

無料ブログはココログ