« ●EX-003 | トップページ | ●EX-005/Cコードの仕組み »

●EX-004

ウクレレでリズム強化☆第1章●EX-004


『100個のフレーズを弾くだけで飛躍的にギターが上達する本 リズム強化編』
をウクレレで活用する方法、つづき。

●EX-004

さて、今度は、ミュート無しで、EX-001をやります。
すべて実音として、音程を出すので、Cコードです。
あくまでも「5433」でね。

「33」に値する人差指は、2本弦を押さえるのでも良いし(部分セーハ)、
3フレットで4本とも押さえてもOK(セーハ)。

まぁ、こうして、2通りの押さえ方があることを、まず知る。
で、どっちも試してみる。
と、いずれ、だんだん、どちらかを自然に選んでいることになります。
そこれが、自分の手に便利な方法です。

で、
さらに、
そこから、「どっちも使い分けできるよう」に成れれば、さらに幸いと。

===
さて、

コードを押さえたまま、引き続ける、、、これは、
実は、しんどいのです。
(なので、EX-004は、連続して何分もやらないでください)

ミュージシャンのプレイってのは、
よーく分析してみると、適当な所で押さえる手を休めています。
つまり、
上達すればするほど、手に楽な弾き方が出来るようになるです。

そこに到達することが、この本の一個の目標です。

EX-003まででやったブラッシングと、
実音弾き、
これを混ぜていくのが、リズムを出すコード弾きの「上達」のポイントです。
ブラッシングは、手を休めることになりますんで。
で、
右手の空振りという手段を加われば、
両手で、最善な、最も疲れないプレイの方法が、
身に付いていくというこっちゃです。

ここでは、アクセントは付けなくてもいいけれど、
まぁ、EX-003までの流れとしては、「タ」にアクセントを置くつもりで
足踏みも「タ」で、やってみてください。
(EX-002で、はしょった人の反省、もしくは、
 さらに、やっぱり見直してみよう!ということで)

 ↓↑↓↑  ↓↑↓↑  ↓↑↓↑  ↓↑↓↑
カツク」「カツク」「カツク」「カツク」
 ●     ●     ●     ●

ギターはこっち。ウクレレの人にも、具体的なサウンドのヒントになります。

==========
<<EX-002以降のカラオケ音源mp3>>
http://www.rittor-music.co.jp/books/11317317.html
iTuneで連続再生すれば、テンポを崩すことなくリピートします。

==============
5/20(日)錦糸町、東京ハンドクラフトギターフェス
http://handcraftguitar.jp/
ウクレレを持参してください。
==============
ウクレレdeナイトVol.8
5/21(月)四谷3丁目 ポコタン 19時Open
参加費500円+テーブルチャージ500円
(ドリンク、フードは500円〜)
http://pocotan-hp.seesaa.net/
ウクレレを持参してください。
==============

« ●EX-003 | トップページ | ●EX-005/Cコードの仕組み »

ウクレレ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1090982/44728577

この記事へのトラックバック一覧です: ●EX-004:

« ●EX-003 | トップページ | ●EX-005/Cコードの仕組み »

ウェブページ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク?

無料ブログはココログ