« やってみなけりゃわからせんがね。 | トップページ | ダブルネックとカポとスライドバーとTシャツと私 »

音楽の才能


まぁ、「ギター/ウクレレの才能」なんてのは、
別に、計れるものじゃないんでして、、、

よく
「俺には才能ないのかなぁ〜」
「あいつには才能があるから、、」
なんて言葉を耳にしますが、

それって、そんなに関係ないんじゃないかと、

例えば、こんな記事を読みます。
http://www.news-postseven.com/archives/20110504_19282.html
「ミスをしても怒ったり、ふて腐れることがない。それに昼休みに昼食をとり、休憩しているときも、帰りに大人がシャワーを浴びている間も、ずっとひとりで黙々とパターの練習をしてましたね」

石川遼君には何の才能があるのか?
「諦めない才能」でしょ。

で、もちろん、
若い年齢から、ゴルフの上手な人になるってのは、
ゴルフ好きで、そこそこラウンドに行ける金銭余裕がある親が居てこそなんだけれども、
ギターは、そんなにお金かからないし、
毎日だって触れるわけです。
ゴルフ場に行く、という移動時間も必要ない。

愚痴ってる暇があるなら、やる
ってことですな。

この歳になって、過去を振り返ると、
僕は、無類の練習嫌いかもしれません。
また、とてもじゃないけど、効率の良い練習をやってきたとは言えない。
(だから、講師が出来るという面もあります
 何をすれば効率良いのかは、過去の反省点から分かるという)

皆さんからすれば
「やっぱり練習量が凄いんでしょ」
とか
「才能があるんでしょ」
って、思うのかもしれないけども、

才能もなく、練習嫌いな人間でも
上手になれる、
これはですねぇ、理由は一個しか無いんですよ。

「諦めない」

ただ、これだけなんです。

もちろん、プロに成ることだけが目標じゃないです。
「上手」ってのは、テクニカルであることだけじゃないです。
肝心なのは、そこを見極める力を諦めないということかもしれません。
もう少し簡単に言えば、

「楽しむことを諦めない」

という感じ。

« やってみなけりゃわからせんがね。 | トップページ | ダブルネックとカポとスライドバーとTシャツと私 »

ウクレレ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
このところ、毎日ギターを弾くのが楽しく、また、ステージでミスをしても(ミスばかりですが)ほとんど気にならなくなりました。そういう意味では自分には楽しむ才能があるのかもしれませんね。
6月のウクレレ半日合宿に参加します。
よろしくお願いします。

諦めたくはないんだけど、楽しんでるんだろうか。。。
今の私… ちょっとつらい日々…。
って書いてる間に練習しろって事ですかねw

>ばんちゃん

そうですね、今んところ、ばんちゃんは
その面はクリアしてると思いますよ。
人間って、ある種、顔見れば、分かるってのもあって、
初対面の誰だか知らない人をステージにあげるってのは、
「勘」です。
そこには、ばんちゃんは合格してますねぇ〜w

>qchannさん

は、俺の知っているqchann??
まぁ、あれですよ、
辛いってことは「練習」ってのが「勉強」になっちゃってるんですよ。
それは、大間違いなの。
「上手にならなきゃ」
「上達しなきゃ」って考え方は、大間違い。
仕事じゃないんだから、
やらなきゃいけないことなんて、一個も無い。

楽しいから触る、
触ると楽しい、
つまんない時は、触らなくていいんです。

僕なんかは、1週間ギターに触らないなんてことはザラにあります。
音楽ってのを追求していくと、本当はそうじゃないといけない。
(職業としては、それでは駄目なんだけどw)
何故触らないで平気か?と言われば、
目標があって、目的が見えてる状態じゃないと
結局、触っても上達しないし、楽しめないんですよ。

で、触ってて楽しいならば、
「もっと上手く弾きたい」という熱が出てくる。
そこには、目的と目標が生まれる。
そこが、見えないうちは、練習なんて何の意味も持たないんです。

「上達しなきゃ」って考え方は、大間違い。
「上達したら嬉しい」って思えてからこそ目標に向かってくことが目的であって、
それに夢中な最中の時間のことを「練習」なんて言葉ごとき
似合わない、とも言えるわけです。

自分は楽器を触ってて何が楽しいのか?

そこにはね、テクニックとか高度な曲を弾けるようにするとか、
人前でカッコつけたいとか、上手いって人から言われたいとか、
そんなの、全部、表面上のことなの。
そんなこと、どうでもいいって、一回考えるの。
「私は人のためにギター弾いてるわけじゃない」と考える。
すると、見えてくる次の世界があって、
そこには、

人とのつながりだったり、
一緒に時間を共有することだったり、
その主語は、あくまでも「私」なのであって、
おやすみなさい、って一回、寝たら、明日の朝も
あ、おはよう、って次の日が始まるの。

で、さらに言っちゃえば、

下手でも心をゆさぶる演奏は存在します。
すんごいテクニックでも心動かない演奏も存在します。


だから、僕は、初めて合った人達と合奏するんですぅ。
テクニッックが見たけりゃYOUTUBEにもニコ動画にでも、
いっくらでも上手い人は居ます。
僕が目指していることは「共有」なんで。

あのqchannです。たぶんw
いつも読み逃げですみませんです。

たくさんの言葉で 深くて広いお返事をありがとうございました。
自分と音楽、自分の「在り方」などなど
何度も読み返しながら思う事がいっぱいありました。

で、うるうるってしながらギターを触りたくなったから
とりあえず まずは「私はギターが好き」みたいw

「私は何をしたいのか」「なにを諦めたくないのか」
「目標」「目的」「次の世界」…
時々振り返って確認すると、前を向けるかもですね。
弾き続けられるきっかけを 本当にどうもありがとうございました。

>qchannさん

あとは、
目標ってのは、無理矢理、見つけるものではなく、
生まれるものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1090982/39858540

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽の才能:

« やってみなけりゃわからせんがね。 | トップページ | ダブルネックとカポとスライドバーとTシャツと私 »

ウェブページ

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク?

無料ブログはココログ