« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

ウクレレピンクレディー東京事変(ちが)

 ハンドクラフトフェスでのみんなと合奏!
ウクレレ持参してくれた人達30人ほど、
 &
観客さま
で、全部会わせると113人ほどの方達に体感していただきました!
まずは、カーペンターズの「クロス・トゥ・ユー」を
簡単アレンジでプレイして、(目を瞑ってても弾けるくらいにね、と)
Ue

SOSをゆっくり指導していく
Hidarite

で、
全員で大合奏。

最初は、我が輩のウクレレはアンプから音出ししてたのですが、
それだと、僕が、皆さんの音が聴けないと
ジャックを外し、皆さんの席まで椅子を移動してプレイしている場面です。
Mina

当日は、教則本も10冊ほど購入いただき、
ウクレレ・コード下敷きも完売。

まぁ、練習ってのはひとりでやりますわ。
でも、
合奏することで、分かってくることってのが、たくさんありまして、

例えば、少ない人数の共演の場合は
「相手のリズムを受け取る」
「こっちのリズムを相手に誘導する」
みたいな事があるわけでして、
で、
大人数となると、
皆のリズムに溶け込む、というところがあります。

そういうことは、言葉で指導しなくても
「やれば、生まれる」
部分でして、
でも、それは体感しないと、分かりはしないわけでもありますな。

ひとりで弾く、それも楽しいですが、
大勢で合奏する、
この楽しみは、そう色々な場面であるわけではない。
だから、やり始めたのですよってに、

是非、今週末は、大阪の大勢の方に体感していただきたいと!

●2011.6.4(土)日帰りギターウクレレ合宿!

 5thストリート(大阪・豊津)

http://www.5th-street.com/schedule.html

いうことでありまして、
まぁ、
当日は、どちらかと言えば、楽曲を弾けるようにするだけではなく、
楽器に対して真面目に接するとはどういうことなのか?
上達方法って、今のままでいいのか?
何か間違ってやってないだろうか?

みたいなことを、それぞれのお客様、ひとりひとりを見て行くという
それでいて、オフ会のような気軽さで
飲みたい人は、お酒も飲みつつ、
いろんな人と仲良くなっちゃて、
楽しいひとときの中から、
家に変えると、実は、精神的に音楽上達している、という会を目指します。

別に、まったくもってウクレレなんか触ったこともない、っていう人でも
1曲弾けるようにはなります。

予習したい人は、これでどんぞ、と。

ピンクレディーSOS
http://www.geocities.jp/ichimuramasaki/sos.html

「見上げてごらん夜の星を」の簡単バージョン
Miagetegoran1


日帰りギターウクレレ合宿!!という名の夏祭りマジカ

●2011.6.4(土)5thストリート(大阪・豊津)
http://www.5th-street.com/schedule.html

出演&講師 ギター講師:ザビエル大村 ウクレレ講師:いちむらまさき
Muramura64

6/4(土)13時~21時 
どの時間から参加してもOK
途中で外に出かけていってもOK
受講料 5000円

<当日スケジュール>
13時 ボチボチ入場
13時30分 はじめの挨拶
ギターチームとウクレレチームが分かれて練習会
途中、しょっちゅう講師による模範演奏があり、
生徒さんによる即席ジョイント・ステージ体験コーナーなどもあり、
18時 合奏会
19時 ムラムラブラザーズのライヴ
21時 終了
21時30分 ちょっとした打ち上げ会

で、やる曲は、だんだんつめていってますが、
まずはピンクレディーSOSね。
http://www.geocities.jp/ichimuramasaki/sos.html

「見上げてごらん夜の星を」の簡単バージョン
http://www.geocities.jp/ichimuramasaki/guitar100.html

それと、
加山雄三「お嫁においで」
もやるかも。

まぁ、半日だからと、欲張っても身につかへんでねぇ、
それよりも、、、、

どっちかといえば、


『教則本に書かない楽器の秘訣法』

的な、ステージからのお話、説法、、お経、、、、、念仏??雑談?漫談?
のほうが、我がウクレレ部隊は、重要だったりします。
でも、
まぁ、ギターでも同じなので、どっちでもお得ですがw

あとは、あがりたかったら、
両部隊とも、、、、舞台に上がるチャンスタイムもあります。

あとね、

幼稚園児みた、、、、、い、、、ではないと思うけど、
『名札』ってのをお店が用意してくれるんで、
なるべく、予約はお早めに、お願いします。

当然、
証明書かて、あ~た、
当日に、50人、来たら、足りぃ~へんのやでねぇ。
わしゃ、分厚いのある程度の人数枚数を考えて作って、
持って新幹線に乗るんやでねぇ、
そのへんも分かってちょ~よぉ。

なんで、だんだん、名古屋弁になってきたんやろ、、、、、、?

風営法っていうか、営業法っていうんかは知らないけども、
世の中の飲食店ってのは、
お菓子もバナナも、基本的には持ち込み禁止やでね、
お店ってのは、そういうもんだっていうような
他では、そう聞くこともないかもしれない話とか、
そんなんでも誰か教えてくれな、わかっらせんでねぇ、
だもんで、そんなんでも教えたるでねぇ。
ガムとか、フリスクとか、大阪オバちゃん名物飴ちゃん、くらいはいいけども。

ほんやでねぇ、

屋台的な、縁日的な、駄菓子屋みたな、
そういうのって、そういうためにあるんやよぉ、知っとった?
嫉妬った?w

ほんで、どんなけ、太っ腹やのぉ?
ちゅうことで、まんだ言うなら、

別に、講義とかしとる時、ビデオ撮影しようが、
勝手にYOUTUBEにアップしようが、
カメラで、わしの鼻を撮影しようが、自由だでね、
まぁ、肝心なのは、右手と左手を撮影すべきなんだけども。

まぁ、
「人のフリ見て我がフリ治せ」っちゅう言葉があるけども、
こういう講座って、
「人のプレー見て我がプレー、いつのまにか上達しとる」
ちゅうもんやでね。

眠れない夜は、、、、

まぁ、布団に入ったのに眠れなくなるのは辛いもんですなぁ。。

すかし、かかし、
これを回避するには「慣れ」が必要となってくる。

まず、昼間に運動せい、っちゅうのは当たり前すぎるので割愛する。
運動できなかった日、しても眠れない日があるっちゅう話である。

すべてはイマジンから始まる。

(1)「寝なきゃいけない」と思うな

人間は毎日寝ないと、次の日しんどいと考える。
が、別に1晩くらい徹夜しても死にはしない。
だが、本音で少しは寝ておきたい、、、、、となると、
「別に、寝なくってもいいんだけどぉ〜」と自分にフリをする。
GOODイマジンを想像するということ。
で、簡単な話、

(2)寝た時間を計算しない

つーこっちゃ。
「あー明日の朝は7時に起床だ、っつうことは今から寝ると、、、げっ!4時間かぁ、、、」
などと数えてしまうから、
「4時間 = 睡眠足りない = しんどい」と思い込んじゃう。
GOODイマジンは出来ないのに、BADイマジンだけは信じるという悪いパターンです。
で、もって、っつーことは

(3)寝る前に時計を見ない

ついつい、見てしまうんですよね。
でも、見なきゃ、計算できないんだから。
「さぁ、そろそろ寝ようかしら」っちゅう時に
時計を見ないで布団に入る「慣れ」を持つということ。

(4)できるだけ、毎日同じくらい寝る

まぁ、矛盾しているようですが、矛盾してません。
時間は計算しない。で、感覚として、なるべく毎日同じくらい寝る。
まぁ、外で働いている人は、大抵、朝、毎日、同じ時間に起きるんだろうけども、
そういう人でも、日曜だけは寝坊できる、、、、って少し余計に寝てしまうから
毎日のリズムがくずれる。

というわけで、
布団に入っても、
「さぁ寝なきゃ」とは考えない。
「別に寝なくてもいいんだけど、目を瞑って、何か楽しいことでも考えようかなぁ」
などと思ってみる、その考え事が、だんだんいつのまにか夢へと移行していく。

=============
な〜〜〜〜んて、頭では分かっているのだけども、
それでも眠れない時はある。

じゃ、どうするか?

(1)一回、起きあがる。

意識として「あぁ、寝なきゃいけないのに眠れない」などというマイナスを
考えれば考えるほど眠れないのである。
布団に入ったまま「早く寝なきゃ」って考えるのは逆効果。
20分、布団に入ってて眠れないなら、どうせ合計40分は眠れない。だったら
一回20分起きて動いて、また布団に入るほうが良い。

最も、眠れない理由は、分かっておる。

「明日以降の不安」

である。
二番目が「過去の反省」だ。
しかし、
その不安は、いくら布団で考えてても、眠ったら
次の日の朝になるまでは、何も出来ない。無効である。
で、夜遅くに考えたことなど、次の朝には忘れるんだよぉ、と。
考えるべきことなど無い、ということに気がつくのが得策。

しいえ言うなら、
「過去の反省」は大切だが、
「明日以降の不安」なんぞ、何の得にもならん!w

と納得をして、

(2)顔をお湯で洗う

石けん使うのも良し。鼻をかむってのも重要。
顔から、油が消えていくことを実感する。
ってか、風呂に浸からなかった晩は、寝にくいからね、
「今夜はシャワーだけでいいかぁ」などと、はしょると、かえって損するわけだ。
そういう日は、わざわざ、風呂に入ったほうが良い。
で、
ソファーがあれば、それに寝っ転がって、

(3)ふくらはぎから下の足を(肘掛けに乗せて)高くする。

ソファー無いって人は、しばらく壁に足を掛けてくつろぐ。

(4)少し何か食べる。

ホットミルクを飲むので良い。

(5)本を読む。

面白い漫画は駄目w
続けざまに読み進んでしまうから。
どちらかと言えば、ミステリー的な本のほうが
「この続きは、明日読もう」と
そして、次の日に、
少し、戻って「え〜と、昨日、どこまで読んだっけなぁ」と
読み返せるのが良い。
漫画は、一回読んだら(とりあえず次の日は)読み返しはしない。
っつうか、
文字の本は、ページをパッパッっとめくらないのが良く、
漫画は、ページめくる動作が多いから。

で、
だんだん、本を持っている手の角度が疲れてくる。

と、
「ここまで読んだら布団に入ろう」なんて思っちゃいけない。
「今なら寝れる」なんて思っちゃいけない。
「あ、手がしんど、、、、布団に入りてぇ〜」と思ったら入る。

(6)テレビ見るのも良い

「明日以降の不安」を一回忘れる。

(7)目を暖める

あと
(8)養命酒を飲むのも、なかなか良い

==============
で、さらに、、、、!

●『教則本の付属CD』を聴く。

これが、実は眠れたりするwっww

「聴かせるために」作ってないからだw
練習するために、一定の(悪く言えば抑揚のない)リズムで
丁寧に、躍動感少なく作ってある、いわば、お勉強音楽なので、

そう!

我々が、人生において、最も眠たかった時は
授業中だったのである。

それと、
催眠術と言えば、5円玉を振り子にして、カツカツカツと
メトロノーム鳴らすイメージだよね?
そう!
メトロノームのような抑揚の無いリズムのくり返しが、眠りを誘うのである。

我が輩が今作っている譜面集のCD、、、、
めっちゃ眠たくなる音楽です。
これは悪いこと?
いいえ、
めっちゃリラックス効果のある、眠れるCDなのですよん。
あんまりテクニック使ってないし、
音数少なくしてるし、
ロングトーン有るし、
淡々と弾いてるし、で。

録音してる最中に、エンジニアさんが寝そうになるくらいのw

究極の音楽って、
お客さんが全員、寝てしまう音楽だと思いますね。
喜太郎のような。

で、そのうち発売するのは、
『癒しのウクレレ』的な譜面集です。


======で!

実は、今回書いた文章は、

「楽器の練習」
と近いものがある。

「練習しなきゃいけない」

なんつう考えは、本来逆効果なのですよ。
したくてしたくてたまらないから、楽曲が弾けるようにするんであって、
楽曲を弾くために、ライヴするために、人に聴かせるために
および、それらの無い人でさえも、
「練習しなきゃいけない」
なんてのは無い。

本気で、それに取り組んでいたら、
「練習した時間」を「あ、俺、昨日○時間練習した」なんて言えないんですわ。
「いつ始めたか、覚えてない」
つまり!
「時計なんか見てないで始める」もんですよってに。

でもって、

いきずまったら、練習なんかしなくてよろしい。
触りたくない時に、無理矢理ウクレレに触っても無駄です。

触るのを辞めた時に、見つかる事も、よくある話で〜♪

なのさ。

ウクレレを録音する難しさの話ざます

録音する

という行為は、とてもタメになるざます。

まぁ、エレキ・ギターだのを
バック・サウンドに乗せる形での録音ってのは、
今までにも何度もやってきているわけですが、
ウクレレで、ソロで、単体で録音するというのが、
どんなけ難しいことか、、、、

という話ざます。

バックサウンドに音を加えるというのは、
ノイズ面、リズム面、両方から、
(難しいことは多々あるけども)
隠せることも多々あるざます。

でも、
ウクレレってのは、
簡単な楽器だけに、
イージーな楽器だけに
そして、基本的にはマイクで録音するのが肝ざますので、

右手がボディーに触っており、
ボディーが肉体に触っているだけに、
予想以上の小さなカチカチという音を拾ってしまうざます。
少し持ち替えただけで、カチって音するざます。

で、
カラカラ・サウンドが出る楽器なわけですが、
単に高音を拾えばいいわけではなく、
高音を拾おうとすれば、
指が弦を引っ掻いていく音も拾ってしまうざます。

また、
3弦だけが太い(ハイGの場合)ので、
3弦だけが大きく録音されるざます。

柔らかい音色に仕上げようとすれば、
3弦だけが鳴り響き、1弦の音が聴こえてこない。
3弦のトーンを下げれば、カチカチ音が目立ってしまうざます。

という、実は、
「あっちを立たせれば、こっちが立たず」という
事になるざます。

イージーな楽器ですわよ、ウクレレは。あくまでも。
でも、
レコーディングするってことは、
逆に、とんでもなくノン・イージーざます。。。

まぁ、ある意味では、
ビデオカメラで録音しちゃうほうが楽ざます。
ああいうのは、自動的に、入力オーバーしないようなシステムとか、
適度に(勝手に)音を安定させちゃう機能が付いてるざますから。

高級マイクロフォンで録音するってことは、
その分、どんな些細な音でも拾ってしまうってことざます。

で、録音するってことは、
普段、
弾けているつもりになっている自分のプレイが、
いかにいい加減であるかを反省する材料にもなるざます。。。。。。シュ〜〜〜ン。

========

さて、そんな中、

我が輩は何をするか?

膝&お腹、とウクレレの間にタオルを入れるざます。
また、椅子も、そのまま使っていたんでは話にならないざます。
座布団を敷くざます。

それで、

さらに!!!!!

最も、重要なことは!!!!!

教えてあげますわよ、奥様。

ウクレレ録音で最も大切なこと、

それは、
鼻息が録音されるということざます。
必死に楽曲をプレイしている。
間違えないように弾く。
ノリが出るように弾く。
次はこうだ、と考えながら弾く。

奥様、

鼻息〜〜〜〜。もう〜〜〜

せっかく録音して、
「よっしゃ!このテイク、うまく弾いた!」っちゅうて
再生するざますわねぇ、
途中で

「スゥ〜」


とか息が録音されてるざます、、、w

これ、気をつけることが一番、大変なんざますの。
エレキ・ギター録音じゃまったく気にしないこと。

これも、やってみなきゃ分からないことざましょ?
こういう話、
「へぇ〜」って聞いてるだけじゃダシカンざますよ。
体験なんざます。

っつーわけで、
そのうち、
CD付きのウクレレ譜面集ってのが発売されるざます。
ワタクシの録音は苦労してるざますが、
購入者さんが、それを聴いて練習するには、
とても、とてもイージーにトライできる譜面ざます。
よろしゅうに。


一日に5時間以上、
(ウクレレ弾く姿勢で)足を組んでいると、足の感覚が、どうなるか、、、、
イマジンしてみて、
それは、さぞかし、、、、と
思いつつ、そのうち、本屋で手に取ってくださいませざます。

『ウクレレ・ピンク・レディーSOS大合奏会』パート1

っつーことで、次は、
『ウクレレ・ピンク・レディーSOS大合奏会』です。
http://www.geocities.jp/ichimuramasaki/sos.html
譜面が見られない人がいるようなので、
BBSと、このページの一番下にも置いておきます。
http://218.teacup.com/musicpark/bbs

こうした、2人組の歌を、ウクレレでパート分けして、
まぁ、僕が伴奏して、
30人で合奏する。
どんな音になるか?想像してみましょうと。
楽しいですよぉ〜。


イヴェント自体は、
http://handcraftguitar.jp/live.html
で、アコギやウクレレを制作している方々の発表会というか、
お客様は、色々歩いて見て、触らせてもくれるイヴェントで、
その隣のブースで、ライヴを行っていると。

で、ウクレレ界でも有名な小林キヨシさんのオーケストラがトリを
勤めるのですが、その前に、
僕が出て、お客さんを交えての合奏会があると。

まぁねぇ、音楽なんてのは、時間の共有しないと意味が無いと。

で、それが最高に楽しめた方は、
その後の飲み会もどうぞ、、、、かもとw

Sosme1_2

Soskei1

三鷹の夜は、子供な大人たちの夜。

三鷹のバイユーゲイト・ライヴ無事終了しました〜
ご来場くださった皆さん、ありがとうございます。
Photo110515

スティールギター奏者の清水さんという方が、レポートしてくれていますので、
『ロッキン・エノッキーvsいちむらまさき』@bayougate 友の会
http://steelfrien.exblog.jp/13587293/

こちらをご覧あそばせ。と。

まぁ、最終的には、こうなるわなぁ、そりゃと。
D0138383_5324964


来週は、いよいよ、『ウクレレ・ピンクレディーS.O.S.』錦糸町編です。
ウクレレ持って、集合だ!
http://www.geocities.jp/ichimuramasaki/sos.html

ダブルネックとカポとスライドバーとTシャツと私

駅前の回転寿司は、、、アレですよ、
アレなんです。
まぁ、話題作りにはいいかもしれないけどね。。。
ですよ。
なので、直接、バイユーゲイトに闊歩しなさい。

とw
http://bayougate.voxx.jp/
http://bayougate.voxx.jp/map.htm
誰かに言っているわけではない。自分に言い聞かせている。。。
直接、店に行くんだ俺、迷うなと。

で、まぁ、ダブルネックなどという糞重たいものを、
持って行くなどと、チラシの絵で表明してしまったので、
こんなん持って、回転屋には入れないと。。。
Photo

で、ダブルネックを
色々と触っているとですねぇ、
明日、やる曲うんぬんではなく、
新しい奏法を発見しちゃうんですよ。
Photo_2

で、発見しちゃった奏法は、明日、使いたくなっちゃうんですよ。
困ったもんで。。。

「カポより〜重い〜ダブルネック〜〜♪」


当たり前だちゅうのw
深く考えるんじゃありません。

そうか!

これは、、、、

「ダブルカッポ」 
Photo_3
だわw

まぁ、明日つかうかどうかは微妙だとして、
命名しちゃいました。
え〜
コロラドに、トレース・バンディが居るとかどうとかの話ではありません。
彼は、ダチなので、
彼から貰ったカポの、最新型を買っただけでごわす。


江戸っ子が、カッポカッポ歩くような粋な奏法でございます。

でもって、まぁ、スライド・バーです。
Photo_4

スライドBARじゃないですよ。
女の子が、底をヌルヌルと滑っている楽しげな店ではありません。

スライドバーのコツって、
誰も、教則本とかに書いてないんだぬ。
まぁ、それだけじゃ、売れないから、
売れない本ってのは、なかなか出版できぬんだけども。

年期が入っておりまして、
元々、まっ黄色だったバーが、いい具合に
ハワイのハイビスカスのような模様になってきておりまして、
でもって、極秘ワザ(嘘)の
弦入れ紙を、内側に入れてあるので、色が映えております。

このバーでもってですね、

泣きなさい〜♪笑いなさい〜♪いつの日か、いつの日か
鼻をかもうよぉ〜♪

と。

========
あ、そういやぁ、奥様、
スシローで、スイカ流れはじめてざますわよ〜。
Photo_5

ここんとこ、美味しいのは、穴子の1本天ぷらざますけど。
Pa0_0395

音楽の才能


まぁ、「ギター/ウクレレの才能」なんてのは、
別に、計れるものじゃないんでして、、、

よく
「俺には才能ないのかなぁ〜」
「あいつには才能があるから、、」
なんて言葉を耳にしますが、

それって、そんなに関係ないんじゃないかと、

例えば、こんな記事を読みます。
http://www.news-postseven.com/archives/20110504_19282.html
「ミスをしても怒ったり、ふて腐れることがない。それに昼休みに昼食をとり、休憩しているときも、帰りに大人がシャワーを浴びている間も、ずっとひとりで黙々とパターの練習をしてましたね」

石川遼君には何の才能があるのか?
「諦めない才能」でしょ。

で、もちろん、
若い年齢から、ゴルフの上手な人になるってのは、
ゴルフ好きで、そこそこラウンドに行ける金銭余裕がある親が居てこそなんだけれども、
ギターは、そんなにお金かからないし、
毎日だって触れるわけです。
ゴルフ場に行く、という移動時間も必要ない。

愚痴ってる暇があるなら、やる
ってことですな。

この歳になって、過去を振り返ると、
僕は、無類の練習嫌いかもしれません。
また、とてもじゃないけど、効率の良い練習をやってきたとは言えない。
(だから、講師が出来るという面もあります
 何をすれば効率良いのかは、過去の反省点から分かるという)

皆さんからすれば
「やっぱり練習量が凄いんでしょ」
とか
「才能があるんでしょ」
って、思うのかもしれないけども、

才能もなく、練習嫌いな人間でも
上手になれる、
これはですねぇ、理由は一個しか無いんですよ。

「諦めない」

ただ、これだけなんです。

もちろん、プロに成ることだけが目標じゃないです。
「上手」ってのは、テクニカルであることだけじゃないです。
肝心なのは、そこを見極める力を諦めないということかもしれません。
もう少し簡単に言えば、

「楽しむことを諦めない」

という感じ。

やってみなけりゃわからせんがね。

何かを思いつく。

はははは、と笑う。

ふむ。

我が輩の場合は、そこで終わらない。

=====

ジャム的なビンの食べ物のフタですわ、
なんちゅうんでしょうね、
食べるラー油のフタかなぁ〜?
Pa0_0391

「酒悦」って書いてありますな。

こんなん食ったっけなぁ?
シャケのバラバラにほぐしてあった食い物かなぁ、
まぁいいや、

フタ

捨てますわなぁ。普通は。
ビンは燃えないガラスゴミでぇ〜、このフタはアルミ?燃えないゴミ?
とか思いつつ。

が!

我が輩は、そう簡単には捨てない。

とりあえず、ウクレレ・ルームに持ってくる。

====

「これウクレレに装着したら、どんな音するかなぁ〜?」
「はははは、おかしなこと考えるんだねぇ」
「そう?どんな音するか、やってみりゃ楽しいじゃん」
「変な音するに決まってんじゃん」
「変な音って、どんな音?」
「どんな音かは知らないけど、普通に弾けるわけないじゃん」
「そう?やってみな分からんじゃん」

Pa0_0392

どんな音がしたと思う?


やった人にしか、分かりませんってw

まぁ、リゾネーター・ウクレレとは何ぞや?研究ですわ。

「そんなもん、買ったほうが早いやろ」

「そう?ほんなら、買えば?」

ウクレレNational Triolian UKE concert

ウクレレNational Triolian UKE concert
価格:160,000円(税込、送料込)

俺は、作るで。


« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

ウェブページ

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク?

無料ブログはココログ