« 怒りを祈りに 3/11~21(更新-編集) | トップページ | 不幸の手紙は自分が捨てろ »

元気であること

親戚筋のバァバと呼ばれている、まぁ、孫が居る人ね、
70才、我々からする母親世代の人、
3/11に新宿に居た。
で、地震直後、伊勢丹が閉まり、新宿駅も閉鎖していた。
タクシー乗り場には長蛇の列。
直後に店を閉めた靴屋でギリギリ運動靴を買い、
甲州街道を歩きはじめた。
自動車道渋滞、歩道はサラリーマンが早足で歩く。
その流れに遅れないよう、邪魔にならないよう必死に歩く。
自転車があったので、入ってみると、
6人ほどのお客さんがおり、登録やタイヤチェックなどで1時間半待ちだと
言われて諦める。
タクシーなど拾えない。仮に拾えても動いてないに等しい。
歩き続ける。
道が分からないので、近道することなく、
直線しか歩けない。
甲州街道から環8を曲がるしかない。
家に着いたのは19時すぎ。
4時間かけて世田谷に帰ってきたと。

いう話を、
80才のお友達にしたら、
その80才のオバァちゃんは、その日、
日本橋高島屋から、世田谷まで歩いて
家に着いたのが、午前25時だったそうです。。。。。


負けてられません。
元気でありましょう。

« 怒りを祈りに 3/11~21(更新-編集) | トップページ | 不幸の手紙は自分が捨てろ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

すごい体力ですね。
私はそれだけ歩く自信がありません。

粗食に耐え、がまんを知っている世代。
運動しようとわざわざ思い立たなくとも、
身体を動かして生活をしていた世代。
ソコヂカラがありますね。
甘やかされた生活の自分に
活!を入れねば、、、

>バードさん

想像されることってのが、
例えば、夜18時に渋谷を歩いていても、他の人からは
「おばあちゃんが歩いとるなぁ」

22時に三軒茶屋を歩いていても、他の人からは
「おばあちゃんが歩いとるなぁ」

24時に世田谷通りを歩いていても、他の人からは
「おばあちゃんが歩いとるなぁ」

って見えるだけなのでしょうねぇ。

最初は私も、運動しなきゃなぁとだけしか思いませんでした。
コメントを読んで、切り取った一部分だけした見えないことに気がつきました。
出合ったそのときに見えた部分だけで判断してしまう自分がいるなぁと。。

あの人みたいにウクレレが弾きたい!、うまくなりたい!!と思うけど、
見えない部分や、今までにどれだけ努力して来られたのか、、、、
人生もそうだなぁ、、とか、、

「おばあちゃんが歩いとるなぁ」 の言葉に
いろんな事を考えてしまいました。

「おばあちゃんが歩いとるなぁ」を、
私の座右の銘にしようw

>moon lightさん

切り取った一部分だけしか見えない象徴が
「おばあちゃんが歩いとるなぁ」
なんですよ、、、
こういうことは、座右の銘にはならん!w

なるほどです。
そうですね、moon lightさんの言っている事、わかります。
いちむらさんの話は、深いですね。

座右の銘の会話(笑)(笑)(笑)
久しぶりに大笑い(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1090982/39323264

この記事へのトラックバック一覧です: 元気であること:

« 怒りを祈りに 3/11~21(更新-編集) | トップページ | 不幸の手紙は自分が捨てろ »

ウェブページ

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク?

無料ブログはココログ