« 不幸の手紙は自分が捨てろ | トップページ | 未編集 »

靴箱

さて、

改めて、地震当日の話。

3/11 14時46分だっけ?
家で、昼飯カキフライを食っていた。

いつもの軽い地震だと思っていると、
だんだん揺れが大きくなってきたので、
まずは、その部屋の本棚を押さえにかかる。

が、まぁ、それは倒れそうにない。
(結構、震災防止のL字金具や、斜めに立てるための透明なプラスティックなど使用している)

ので、自分の部屋に戻ってみる。
パソコンが付きっぱなしだったので、
揺れながら、パソコンを切る。

ここで、気がつくのは、
テレビ(まだブラウン管)なんぞよりも、
パソコン・モニターのほうが揺れまくるということ。
薄型テレビなんぞ、まだ買ってねぇ〜からよぉ〜〜〜w

で、6分でしたっけ?
止まって「やっと終わった」と
すぐにテレビを付けニュースを見る。


で、

あれですよ。
「机の下に潜り込め」
ってのはさー、
自分の家に居る人はできませんな。
後で、何人かの友人に聞いてみても、
結局、
会社に居て、机の上が書類やら本だらけ、横にも棚が立ってて、、、、
なんつー場所では、誰かが「机の下に!」とか言うでしょうけども、

自分の家に居たら、普通は
「これ以上は揺れないでね」と祈るからこそ、
机の下に潜り込むなんて風にはならないです。

それを誰かに
「駄目だよ、潜らなきゃ」とか言われても、
それだけが答えじゃない。

強盗に襲われたら、「ああすればいい、こうすればいい」
なんて言うのは、襲われたことの無い人であってね。
人間ってのは、そういうもんじゃない。

まぁ、いいや。
少しニュースを見つつ、床を見ると、
数冊の本が、本棚から落ちている。
我が輩の本ばかりが!w
1

だが、しかし!
最新本の『100個のフレーズを弾くだけで飛躍的にギターが上達する本』

だけが、落ちてない!!!!!

素晴らしい!!!

「この本は(売り上げ)落ちない」
2

とか言いつつ、
少しすると、水道が止まった。
う〜ん、我が家には、温水貯蔵BOXが、部屋の1/10の面積でそびえたっている。
そこの水は、何かすれば出てくるはずなのだが、、、、と思い、
説明書が入れてある靴箱の上の段、、、、

靴箱、、、、、

靴箱、、、、

玄関の靴箱、、、、

開かない!!!w

あり?
ここは、、、非常用の、、、

だって、玄関の、、、


つまり、イザって時に大切な、、、

開かない!

電池なしでラジオ付きの懐中電灯が入っている、この棚、、、

開かない!

何かあった時の、あらゆる説明書を入れてある、この棚、、、

開かない!

しかも、靴ですよ、表に出る時に履く く!つ!

まぁ、下の段の靴箱は開くし、よく履く靴は玄関に置いてあるので
外出には困らないが、
どうゆうこっちゃ!
よく見ると、半空き状態。
で、隣の靴箱も同様。

地震が起きたんですよ。
こういう場合、被災地が最も電話で困っているんだから、
しばらく誰にも電話しない!と決意しております。

まずは、水が無いということは、
「ウンチが流せない」
ということです。
おしっこは、まぁ、次にウンチするまで、しょうがない貯めておくとして。
さて、どうしよう、、、、となるのですが、
ウンチしたくなる度に、1階の駐車場に降りていって、
キッチン鍋に水を酌んで、えっちらほっちら3階まで運びまして。


 ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ 
 コツがあるざますわよ、奥様。
 ウンチ流すには、6リットルの水は必要とされてるざます。
 でも、災害時、6リットル運ぶのは大変ざます。
 タンクに水を貯めてから流すとしても、6リットルざます。
 で、コツを教えるざます。

 ウンチを流そうと試みるのではなく、
 ウンチは無視する気持ちで、
 底辺に弁があるかのように想像しつつ、
 S字クランクを飛び越させるイメージを持って、
 一気に、やや大量の水を落とすざます。

 ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ ♥ 


う〜ん、温水貯蔵にまだ水は残っているはずなのに、、、と思いつつ、

まずは、開かない靴箱。
まぁ、覗いたり、棒でつついたり、あらゆる事を試しましたが
ビクともしない。
まぁ、その時に、撮影もしましたさ。
これですわ。
1_2


======

で、水道は次の日に直り、とりあえず、ウンチの心配は無くなった。
で、
2日過ぎまして、
3日目だから、もうそろそろ電話するしかないと。
電話しました。

どこに?

パナソニックです。


はぁ!? パナソニックの靴箱??っちゅう話ですけども、
有るんですよ、パナソニックの靴箱。。。。
で、電話しました。

「あの〜地震から靴箱が開かないんですけど」
「耐震ロックになりましたね」
「はぁ?ロック?それで、どうすればいいんですか?」
「一回、グッっと押してみてください」
「押すの?上を?本当に?押すよ?いいの?」
「はい、押してください」

カチャ。
2_2

開きました。






知るかぁーーーーー!!!!こんな面倒なシステム!!!
Kitchen_unit_taishin01

地震起きて、靴箱のフタが自動的に閉じるシステム、、、、
こんなん要るかなぁ?
そりゃ、どこだって、何か変な物を入れておいたなら、
落ちてこないほうがいいけれども、
どうせなら、ギターを何本も入れている押し入れ扉とかのがええがな。
逃げ出す時に、一番必要なのは、通帳でもなければ、現金でもない

靴!靴!クーーーーツーーーー!!!

取り乱しました。w

まぁ、この部屋は、リフォーム済みの中古マンション。
つまり、、、
我が輩が頼んで買ったわけではなく、
不動産会社とリフォーム会社とがですね、、、、(ry

ひょっとして、ひょっとするとですよ、
このマンションを購入した時に、
「ここは耐震ロックです」って説明されたのかもしれない。
しかし、
そういう時は、言葉だけじゃなく、
一回試して、押してみるとかの行為をやらせてくれな
覚えてないわなぁ。
ってか、地震来てないのに、ロックを試せるのかどうか知らないが。

まぁ、いつ、何が起こるか分からんので、
玄関に靴を1足は置いておく。
寝る前にズボンをすぐ取り出せる所に置いておく、
など
色々ありますが、

我が輩、
3日目にして、やっと「ラジオ付きの手動懐中電灯」
を準備できたわけです。

その後、一度も計画停電決行されてませんが、
どこかで、決行されているから、
こっちは明かりが付くんですよ。
そこは、勘違いしちゃいけない。


で、このブログ記事、

面白おかしく書いてはおりますが、
最も、できるだけ多くの人に言いたい事は、


「被災地が最も電話で困っているんだから、
 しばらく誰にも電話しない!と決意」

の2行です。



« 不幸の手紙は自分が捨てろ | トップページ | 未編集 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

パナソニックが靴箱を作っているなんて
知りませんでした。
私も今回の地震で、いろんな事を勉強しました。

最後の2行、しっかり頭に刻んでおきます。
トイレの流しかたも!

>ひろみさん

部屋の扉を全部、チェックしたんですよ。
そしたら、パナソニックだっらけだったの、、、w
で、その開かない扉にだけ、パナソニックって書いてない。。。
だから、当初はメーカーが分からなかったんだけども、
でも、他のと同じ形状。
パナソニックのHPを見まくっても、なかなか、
開かない扉について書いてない。
それで、電話して
もう一回、HP探しまくったら、凄い奥のほうに1ページだけ
書いてあった。
なんじゃこれ、というね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1090982/39368733

この記事へのトラックバック一覧です: 靴箱:

« 不幸の手紙は自分が捨てろ | トップページ | 未編集 »

ウェブページ

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク?

無料ブログはココログ