« 上達したきゃ失敗しろ。(ウクレレ塗装2) | トップページ | 新記録更新! »

ビートルズが教えてくれた。


近所にステーキ屋さんができまして。
といっても、好きだった回転寿司屋がつぶれて、、、
その跡地がステーキ屋になったんですけども。

で、まぁ、安そうな店で、
ステーキ半額という
クーポン券をプリントして行ってみた。

最近、よくビートルズがBGMになっている店が多いのか、
我が輩が行く店にそういう偶然性があるのか。

これまで、
代官山の美容院、
仙川の寿司屋、
渋谷のはなまるうどん、
があり、
で、今回の甲州街道のステーキ屋。

「なんかサウンドが違うなぁ、、、またオノ・ヨーコ監修の
 録音違いバージョンとか発売したんかねぇ?」
などと思っていたのだが、

で、実はビートルズは、店によって難もある、、、
(曲によりますけども)
それは、ステレオ感ってやつで、
スピーカーセッティングを考えてない店では、
こっちの席からは右チャンネルの音が、
あっちの席では左チャンネルの音が、、

ヴォーカル無し、リンゴのドラムとジョージのギター音だけ
聴こえてくる席に座った人は、インストだと思うのだろうか、、w

===========
とはいえ、
かなり気に入りました。ステーキ屋。

最初はビールを飲んでましたが、
赤ワインに変えて、ステーキ。

それで、ジョージのギター音、、、

やばい。。。

このまま、ワインを追加すると泣いてしまう。。。

===========
ので、1本だけにして、帰宅しましたが。

まぁ、ジョン・レノンってのはさ、
ある種、今も生きていたら、相当な苦悩な人生になってしまうとは思いますね。
で、
逆に言えば、ジョンってのは、そういう苦悩と対面する人生であってこそ、
ジョンであるとも言えるわけで。
60才過ぎて苦悩するジョンも見てみたかった、
あるいは、老衰で亡くなるというジョンも、、、とかあるわけですが、

ポールが、老人になっていく様というのは、
まぁ、我々は見て行くのだろうけども。
もしジョンが生きていたら、ポール・マッカートニーの現代の苦悩は
今よりも増えているかもしれない。という考えもできます。

まぁ、リンゴにいたっては、何も変わらない人ですがw

で、ジョンってのは殺害されたわけで、
それで「ビートルズは神様じゃない」って歌ってた本人が、
神様になってしまったわけです。

で、ジョージです。
彼は、殺害されて亡くなったわけではない。
肺癌で亡くなった。
58才ですよ、、、。

人生ってのの、まぁ、平均寿命なんてのは、
ひとりひとりには当てはまらないですが、
58才、、、ってのは、まぁ、我が輩でも
すぐそこなわけです。

=======
で、世界で、最も優れたポピュラー音楽ってのを完成させてしまった
バンド内で、在籍中に苦悩していたのはジョージ。

楽曲1曲生まれるたびに、自分のギター・パートを作ることが
すごく大変なんですな。
バンドに天才がふたり(ジョン&ポール)も居て、
しかも、ふたり共、ギターが上手で、
「あんな風にも弾けるし、こんな風にも弾け」てしまう天才に
リード・ギターを弾け、って言われるわけです。

そこに、自分スタイルを見つけるのジョージは、すごい時間がかかるんですな。
それは正に「構築」です。
(このあたりは、映画『レット・イット・ビー』でも、
 ジョンの映画『イマジン』のレコーディング風景でも見れます)
『レット・イット・ビー』でポールに何度も「違う!」とか言われるシーンは
切ないものがありますが、
『イマジン』で、
ジョージのギターが全然まとまらない時、
ヨーコがジョンに「一回休憩するべきよ」とか言って、
休憩して飯食って、そいで、じゃぁもう一回、ってなってから
ジョージが弾くプレイがめちゃめちゃ良かったりする。
(この点、ヨーコはやはりジョンには素晴らしい相棒だと認識できる)

=======
まぁ、ビートルズってのは、
個人的に言えば、
クラシックを超えていると思いますね。
賛否両論あってもかまわないですが、
現代ポップスの基礎と発展、
音数の少なさ、音色の組み合わせで、クラシックを超えていると思います。
(もちろん、クラシックには、クラシックの良さがあります)

で、ポップスなんてさぁ、
とっくに、答えが出ちゃってるんですよ。
我が輩が、気がついた時には、すでに
ビートルズは解散しててね。
我が輩が15才くらいで「ロックが好き!」なんて思った頃には、
(すでにポールはウィングスだった時代)
ビートルズによって、完成されてしまっています。

我々ってのは、その後追いをしてるにすぎない。

まぁ、フィンガー・ピッキング・スタイルなんつー奏法で
ギターを弾いていますが、
ポールが28才で作った「ブラックバード」が1968年ですからねぇ。。。

=======
で、天才ふたりに「なんかやれよ」といわれ続けて
ジョージが出した答えが、
まぁ、ジョンに
「ジョージはあれ1曲作っただけでOKだ」
と言わしめた
「サムシング」です。
YOUTUBE
まぁ、他にも結構、ジョージの曲で好きな曲はいっぱいありますが。

で、
割と美味しいステーキ屋を見つけ、
ワインを飲んでおりまして、
ジョージの曲が流れてくると、、、、、ナキソウニナル


一応聞いたら、CDを流してるのではなく、有線だそうです。
あのスピーカー具合も面白いけども、
ちゃんと聴こえるスピーカー・セッティングも優先してほしいかも。

« 上達したきゃ失敗しろ。(ウクレレ塗装2) | トップページ | 新記録更新! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

私にとってナイスタイミングです。
なにしろビートルズを聞きまくろうと思っていたところでした。

我が職場も有線が入っていて
B-23というのがビートルズチャンネルです。
昼休みに有線を流すのですが、事務所に頼みこんで
最近、たまにビートルズにしてもらっています。

こういう背景やエピソードも教えて頂けると
聞くだけでなく、心に入ってきます。
また、時々、ビートルズの話も聞かせてください。

同感。ジョンとポール。二人に挟まれている。ジョージがどこかで入っていたこと、「ポールは俺より数が月だけ年上なんだけど、その差を持ち出して、兄貴風ふかせるんだ。仕方ないけどね。」と。アルバム一枚に二曲を録音してたのも、兄貴分二人にすれば、大妥協だったのかもしれない。

>tuboi さん

http://music.usen.com/modules/B/content0023.html
ですね。
時々、歌無しでかかるので、
友人が有線に問い合わせたら
「シャッフルでビートルズの曲をながしていて、
そのなかにカラオケがあるかもしれない」
だそうです。
これ、パソコンから聴ければ最高なのに、
まぁ、有線(金額徴収システム)だから無理だよねぇ。。

>小林順 さん

はじめまして。
江坂に、こんなスパゲッティー屋があるのは知りませんでした。
ボサノヴァ・ライヴとかやってるんだ。

まぁ、ジョージが2曲入れるってのは、
「これはバンドなんだぞ」
「おまえも曲作るんだぞ」という上を目指させるための
命令っぽい発破かと思いますね。
それで、結局、「サムシング」に繋がると。

で、ある種「リンゴはええねん」とw
まぁ、「彼氏になりたい」をストーンズに作ってもらったら、
で、歌詞があれだけ。。
で、この曲はリンゴでええねん、とw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1090982/38902855

この記事へのトラックバック一覧です: ビートルズが教えてくれた。:

« 上達したきゃ失敗しろ。(ウクレレ塗装2) | トップページ | 新記録更新! »

ウェブページ

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク?

無料ブログはココログ