« 渋谷「はなまるうどん」BGMはビートルズ | トップページ | ほったらかしにしておくほうが再開しやすいんだよ。 »

今さら聞けない?ウクレレ弦の張り方

事ってのは進化していきます。
昔は「こんな風に弦を張ってた」なんてことも、今はだいぶ違ったりもしてもしょうがない。
ただし、下記の方法は、あくまでも我が輩のやり方です。
「この方法は嫌だ」と言う人が居ても「ご自由に」と言うしかないでございます。


最近は、ウクレレ弦、基本的にフロロカーボン(釣り糸)を張っております。
ペグもゴトー製のに交換しています(弦を巻く棒部分は低いです)。
そして、どんな弦でもウクレレ用では「伸びまくり」ます。

よって、ギターほどには弦をポスト(棒)に巻きません。
最初に張る段階で、張る前に「引っぱりまくってから」はめ込んでいきます。
どれくらい「引っぱりまくってから」のか?
そんなに引っ張ったら弦が切れちゃうんじゃないの?ってくらい。
大丈夫です。まず切れないですから。
もしや!?ということがあるなら、指の皮膚のほうが先に切れますw
つまり、手が痛くならないくらいなら、どれだけ引っ張ってもOK。

これをしないで、単純に弦を張り始めるのもかまいませんが、それだと1ヶ月間、伸びてはチューニング、伸びてはチューニングをくり返すことが頻繁になります。
早く、伸びを安定させるために「引っぱりまくってから」張るのです。

=====

そして、弦を装着します。
ブリッジへの設置は、人それぞれのやり方があるでしょうね。
「絶対にコレが正解」ってわけでもない。
コマ結びをして団子を作って支えるのでもいいし、クラシック・ギター方式でもかまいません。
ビーズをかましてみるという実験もしてみましたが、強力に引っ張られる弦によって割れてしまう事もあります。ビーズを使用する際には、かなり頑丈な物を使用しましょう。

ブリッジに弦を付けたら、また「引っぱりまくり」ます。
そして、ポストの穴に通す。
Photo

ここからが、以前と違うこと。

ギターなどでは、ポストに3周ほど弦を巻き付けるために、その予定分たるませた状態で巻き付けて行きますが、
ウクレレ(我が輩の場合)では、1周も予定せずに、引っぱりまくりのピンピン状態から巻き始めます。
そして、1/4周巻いた時点で一回止め、
余っているほう側の(反対から飛び出た)弦を上側から半周
これから巻いていくであろう側の下に挟んで、ズレないようにします。
Photo_2

弦が必要以上に伸びることを防ぐことにもなります。
「ポストに3周ほど弦を巻き付ける予定」これを無しにすることで、
ポストに3周巻かれる部分の伸びを防ぐということです。
別な言い方をするなら
「少しでも伸びる可能性のある長さは、短く使う」ということです。

それでも、まだ1ヶ月は伸びていくので、結果的に2周近くは巻く事になるのです。
ということは、張ったその日に、3周巻いてしまうと、結果5周巻くことになる。
それでも、まだ伸びる、、、、
ので、弦を取り外して、また張り直すことも必要になってくる。
だから、
最初っから、なるべく「引っぱりまくってから」張るのです。

=====

余っている弦は、張り直しの可能性があるので、丸めておきます。

中途半端な長さで切ると、かえってツンツンと手などに当たるのが気になりますので、丸めてしまうというのが一番だと我が輩は思っている。
もしくは、
一ヶ月以上過ぎて、安定したら、切る。

●張り直しの必要があるとすれば、どんな時?

おいしい顔ってどんな顔?(、、、、、)
4周以上巻かないといけなくなったら、もう張り直ししたいですな、と。
伸びた分、二度目の張り直す際には、最初の時よりも、弦が多く余っていく感じになるので、同じくり返しではありません。
二度目の張り直しも、張り直すだけの価値ある行為です。
また、ペグのポストの高さには限界があるから(特にゴトー製では)4周も巻くのは好きではない、と。
まぁ、面倒といえば面倒なので、最初の日に「引っぱりまくってから」張るということです。

« 渋谷「はなまるうどん」BGMはビートルズ | トップページ | ほったらかしにしておくほうが再開しやすいんだよ。 »

ウクレレ」カテゴリの記事

コメント

なるほどです。
最初からひっぱってしまうのですね。
何周巻いたか気にもしておりませんでしたが、
たしかにまだか、まだかと
巻いて合わせていました。

片づけるときは、弦を緩めたほうがいいのでしょうか?
ネックが反るとか、聞いた事があるのですが。。

>tuboi さん
>片づけるときは、弦を緩めたほうがいいのでしょうか?

ウクレレの弦は、緩める必要はありません。
ウクレレの弦の張力なんて、ギターほど強くないってことと、
弦は張っている状態でも最初の1ヶ月は伸びていっちゃうんだから、2ヶ月目以降には伸びきった状態でいつも安定保存しておくのがベストと考えます。

ギターだと緩める人も居ますが、
僕は、一切、緩めません。
緩めたり張ったりのくり返ししているほうがギターの安定をダメにするという感触です。
(ネックが本体からグニョグニョになる)
まぁ、しいて言うなら、1年弾かずにしまっておくというギターなら、緩めてもいいかもですが、
それで反っちゃうようなギターは、もう所持していたくないというw。
(まぁ、これまで触ってきたギターで、そのようなダメになったことは一度もありません)
後は、宅急便などの郵送時には緩めます。
これは、どっかにぶつかった拍子にネックが飛んでしまう可能性があるからです。

私も引っ張ってから張るという方法は
はじめて知りました。
確かに合理的です。
弦の交換はこうするものだと、
頭が固くなっていました。
何事も柔らかい頭で、
いろんな角度から考えたいものですね。

>バードさん

教本や人やネットから教えてもらったことなんてのは、
まぁ、「ひと知識」なだけであって、
誰でも、最初はそれを試すのでいいと思うけれども、
僕の場合は
「じゃぁ、こうしたほうがもっと便利なんじゃない?」っていう、それを思いつくことが大好きで、
つまり、
「アイデアを試すこと」よりも「アイデアを思いつくこと」が、まずは楽しいんですよ。
次の日記で、僕の部屋の写真を公開する気分になりましたw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1090982/38655981

この記事へのトラックバック一覧です: 今さら聞けない?ウクレレ弦の張り方:

« 渋谷「はなまるうどん」BGMはビートルズ | トップページ | ほったらかしにしておくほうが再開しやすいんだよ。 »

ウェブページ

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク?

無料ブログはココログ